遠距離奇襲はエルフの美学!

ドS弓師&毒舌精霊師&おバカ猫妖精がベテル鯖で繰り広げる Perfect world ―完美世界― プレイ日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第5期TOP・メイキング(ガラ編)

連休最終日です。
格好の完美日和だったのに、なぜか1日中台所に立ってた中身ですこんばんはw

朝のお弁当詰めに始まって、
ばーちゃんのお客さんが来るとかで、お茶菓子にシュークリーム作り、
お昼ご飯にキャベツとひき肉のパスタ(2人前)、
お客さんが子供(幼稚園行ってないくらい)連れてたので手土産にクッキー
オーブン点けたついでに自分おやつ用にバナナスコーン
時間も時間なんで晩ご飯にカレイの煮つけと蓮根の煮物、それと味噌汁――…


…………

作りすぎだろ自分!!ヽ(#`Д´)ノ
(でも実際食べたのは昼・晩ご飯とバナナスコーンのみw)

……まあ、料理自体は嫌いじゃないんですけどね(;´▽`)ゞ
でもこれが毎日とかなると、さすがにやってられないし……(。-`ω-)





誰かと一緒にTOPを飾りたいというコンセプトの下で始まった、
第5期・TOP画撮影

TOP変更自体はまだまだ先ですが、一人で黙々と撮ってた今までとは勝手が違うため、
いろんな裏話満載なんです♪
そんな撮影裏を、こっそり公開させていただきます(=´▽`)ゞ


第1弾はガラです。
とことんマイペースで人付き合いすらも面倒くさそうな双子の弟ですが、
それなりに気になる相手はいたようです(●≧艸≦)゛
それに、前々からやってみたいことがあったみたいですよ♪

注:追記書いてるうちに、無駄に甘い話になっていっちゃいましたww、
  恋愛色あるのが苦手な方は、ご注意ください(;´▽`)ゞ
  そして実際はそんなに甘々な関係ではありませんwww









(。-`ω-)ンー

「どしたのガラ? 眉間のしわは癖になるよ」

「……なあエス、コートの礼、何がいいと思う?」

「コートって……シンちゃに?」過去記事参照)

(*´・д・)*´。_。)コク

「まあランダム染色とは言え、純黒コートにしてもらったんだもんねぇ…。何もしないわけにはいかないか」

「だからってあのツンツン女が喜ぶ物ってのが思い当たらねえんだよ」

「また随分な言い方ね…^^; (あんたの方がよっぽど意地っ張りな気がするけどw)
 別にお金かけて物をあげなくても、気持ち伝わるような事したげらいいんじゃない?」


「……例えば?」

トナカイに乗せてどっか連れてってあげるとか? ついでだからTOP画も撮って
 きたら? (てゆーかあんたの方が頭いいんだから、それくらい思いつきなさいよ)


「普通に呼んであいつがくると思うか!?」

「しょうがないなぁ……(●≧艸≦)゛ お姉ちゃんが一肌脱いであげる(=´▽`)b

「こんな時だけ『姉』とか言うな。第一双子なんだから姉も弟も……(ぶちぶち)」



そんなわけで――

シンちゃ呼び出しw

エスに頼んでリゥシン赤ボレロを送ってもらいました。
トナカイに乗せるとなれば、やっぱりしてもらいたい恰好があるんで(*-ω-)


で、樹下で待ち合わせたのはいいんだけど――…

ルドルフででいと・1

……誰が聞いてもデートのお誘いじゃないよなぁ(;-`ω-)
いや、分かってるからw 俺の言い方が悪いってw
でもこいつに「一緒に景色のいい所まで行きませんか?」とか言ってみろ。
――絶対鼻で笑われるからorz


と言えば――…

サンタをエスコート
(「夢見る峰」通過中)

異国の歌に出てくるトナカイは鼻が赤く光るらしいです。
けどこいつの場合は無駄に全身が光ってるわけで。
最初はこの無駄な煌びやかさがこっぱずかしくって、あまり乗り回す気が起きなかったんだけれども――…

ルドルフででいと・2

サンタを連れ回してれば、それなりに格好も付くというもので。
それに一度、騎乗ペットでエスコートってしてみたかったし…σ(*-`ω-)テレテレ

そうこう言ってる間に、到着。ちょっと時間早かったかな……

夜明け待ち…

場所は迷い人の村の近辺。
ここから見る朝日は柔らかい光で、湖面に映る空の色と相まってとても綺麗なんです。
俺とエスのお気に入りの場所でもあります。

もちろん自分以外の人間をここに連れてくるのは初。
(エスは……どうなんだろう)
でも俺のお気に入りをシンが気に入るとは限らないわけで。

……だから、シンの口から「きれい」って言葉が出てきた時、少しだけほっとした。

夜明けの色

それから先は、シンとの話もそこそこに夢中でSS撮ってた気がする。
とにかくテンパってたからあんまり覚えてない。
気を使うところは大量にあったんだけど……まあ、1枚くらい使える物はあると思う。
今回はちゃんとシンの了承も取ったし、問題ないだろ。
(4.5期のエス&フォンレイ氏は、実は無許可だったww)

ただ――…

ルドルフででいと・3

夢幻の港まで送り届けてる間も終始この調子だったんだから、救いようがないというか。

結局、連れ回してる間に俺の口から「ありがとう」の言葉が出ることはなかったけど、
(何のために呼び出したんだか……)
腹の中じゃ、ものすごく感謝してる。……ありがとう、リゥシン(∩ω-*)





最後に……

こっそり…-3-

シン「何を撮った!?」って騒いでたSS。
本当は向かい合ってこのエモ(『恥ずかしがる』)すると、軽くハグしてるように見えるそうで。
こっぱずかしいから苦情は受け付けないからな!(*-`ω-)






翌日……

姉たちの証言

姉たち(エス&メイリィ)からものすごく詮索されましたが、だんまりを貫きましたw


| プレイ日記・ガラ編 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://myaesthetics.blog37.fc2.com/tb.php/182-ab9ea901

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。